花粉症はぜんそくやアトピーとは異なり、大人になってから発祥することが多いアレルギーです。花粉対策としては、マスクをする、外で干した洗濯物ははたいてから入れるなど、いろいろありますが、意外に忘れがちなのが食生活です。花粉の時期にはいくら気をつけていても、いくらかの花粉は吸い込んでしまうものですが、吸い込んでからの花粉症の症状が、どのくらい強く出るかは食事によって決まる部分も大きいのです。大人の花粉対策として、食生活にも気を配っていきましょう。
 花粉症などのアレルギーを悪化させる食べ物として、最近良く取り上げられるのが砂糖です。実際、甘いものを摂り過ぎると、急に症状がひどくなるという花粉症患者は多く、砂糖アレルギーという言葉が使われたりします。この砂糖アレルギーですが、実際には本当の意味でのアレルギーではありません。アレルギーは外来タンパク質に対する不適切な免疫応答を指す言葉ですが、砂糖は炭水化物であってタンパク質は含まれていないからです。ではなぜ花粉症が砂糖で悪化するのかというと、砂糖を代謝する為に内臓に負担がかかるからです。砂糖は体内に取り込まれると急激に吸収され、血糖値を上昇させます。上昇した血糖値をもとに戻すために、副腎からインスリンが分泌されるのですが、これは副腎にとってかなりの負担となります。そして副腎はアレルギー反応を抑えるホルモンを分泌する器官でもあるので、副腎に負担がかかるとアレルギー反応が出やすくなるのです。つまり砂糖アレルギーとは、砂糖によって起こるアレルギーというより、もとからのアレルギーが砂糖によってひどくなる現象です。
 ということで、甘いものの摂取を控えることは、花粉対策として重要です。大人でも甘いものが好きな方は意外にいますが、せめて花粉の時期にはあまり食べないようにしましょう。